自然農法でつくられた野菜を使った、体に優しい農業カレーをご賞味下さい
農業カレー
農業カレーブログ 大将のブログ
新着情報  Whats New
※サイト制作中です!
農業カレーについて
みなさま、はじめまして!
私は農業カレー代表の高橋博司と申します。
簡単ではございますが、このトップページでは、農業カレー誕生のいきさつなどをご紹介させていただければと思います。
自然農法の野菜との出会い
私が農業カレーを始めようと思った最大のきっかけは、 自然農法の野菜に出会ったからです。
ちょうど今から8年前、自宅での食事に使う野菜にこだわり始めました。
家族と自分の健康を考えてのことで、できるだけ農薬や科学肥料などを使っていないものを選び、常に良い物を探し求めておりました。
そして、色々な野菜を探し、友人や様々な人から情報をもらう中、自然農法で作られた野菜に私は行き着きました。
自然農法で作られた本物の野菜に出会った時は衝撃を受けました。
味が濃く、その種類によってこれほど味が違うものなのかというほど、各野菜の個性を楽しむことが出来ます。
また、こういった味の濃い栄養がしっかりと詰まった野菜を食べ続けることで、とても体調が良くなっていくことを体感いたしました。
普通であれば、この野菜をずっと食べ続けるということで終わるのだと思いますが、私は飲食業を生業として生きて参りました。
ですので、この美味しい野菜をもっと世の中に広げたい、もっと多くの人に味わってほしいという考えのもと、自ら農園を作り、会社の事業として野菜をつくり始めました。これが今から6年前です。
私自身も時間を見ては農園に行き、自分達で愛情込め育てた野菜を見て食べて楽しみ、また一段と格別な想いで自然農法の魅力にどっぷりとはまっていきました。

 

※自然農法とは?
自然農法の意味を説明しない中、話を進めてきましたので、少し、自然農法についてご説明させていただきます。自然農法とは、人の手をほとんど加えない、最も自然に近い環境で野菜を育てる栽培形態です。いえば、一見すると草原のように様々な草花や雑草が生えている中に野菜も共存するように植わっており、その中では、野菜達は他の植物と一緒にたくましく育ちます。
こういった自然環境の中で育つ野菜は、形も大きさも様々です。当然、整然と所狭しと植わっている通常の野菜よりも収穫量は少なくなります。
しかし、これが自然環境で育つ、本来の野菜の姿なのです。農薬で守られ、化学肥料という人口の栄養素で育つブロイラーのような野菜ではなく、農薬は一切使わず、肥料もミミズが耕した土の中で自然の落ち葉等が微生物によって分解されたものを吸収し野生の中で自然に育っていくのです。
このような野生の中で育った野菜たちは人間の健康に大いに貢献してくれ、また格別な味わいをもたらしてくれます。
より自然に近い栽培方法ですので、多くの人に食べてもらう事を考えた際に、収穫高の問題があったのですが(自社の淡路島の畑でできる野菜だけでは収穫量が限られています)、同じく自然農法で育てている農家の方々と提携することで、多くの皆様に自然農法の野菜をご提供させていただくことが可能となりました。

カレーにいきついたのは
自然農法で育てた野菜の目処がつけば、それをどういった形で皆様にご提供するのかということを考えなくてはなりません。
私は元来、ラーメンが大好きで、現在はラーメン屋を生業としております。
しかし、ラーメンですと使える野菜は限られてきます。
そこで、ラーメン以外。。と考えた際、ラーメンと双璧を成すと言っていいほど、大好きなカレーが頭に浮かびました。
カレーなら、多くの野菜を一緒に食べることが出来る。。
これに気づいた私は、自然農法の野菜+カレーというコンセプトで店を始めることを決めました。そこからは、自然農法の野菜を使ったカレーの研究をはじめました。
自然農法の野菜に合うカレーを求めて数年間。多くの店にカレーを食べに行き、評判の店に相談し、さまざまなスパイスや果物などを調合し。。苦労に苦労を重ねた末、ようやく2014年、お客様に自信を持って提供出来るカレーが出来上がりました。

農業カレーが目指すもの
自然農法でとれた野菜を沢山食べることが出来るカレー。
このカレーが世の中に広がることで多くのお客様の健康に寄与し、また、この野菜を食べることで皆様が自然の中で育った野菜の価値に気づいていただければ。。そして、自然農法という栽培方法が広がり、農薬や化学肥料を使わない畑の増加によって、少しでも大地の環境が良くなっていけば。。そんなことを真剣に考えながらこの農業カレーを進めていければと思います。